FC2ブログ
HOME≫日付:2016年12月10日
 
◆2016.12.10(土)◆
通院記録(心療内科)│posted at 07:00:00

本題は心療内科の通院記録なのですが、少々重い話になりそうなので、まずはちょっと気分をアゲル内容から。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

世の中、今のところクリスマスとお正月が半々、若干クリスマスが優勢って感じですかね~w
もちろん、コンビニも例外ではなく。
職場の近くのセブンイレブンでこんなものを、ついうっかり購入(ノ∇≦*)
IMAG0820.jpg
「苺ソースのミニかまくら」だそうな。

ふたを取ってみて、
IMAG0823.jpg

もちろん、実食(*´∀`人 ♪
IMAG0824.jpg
この生クリームの量がなかなかよろし。
生クリーム、バンザイ、なのでありんすヾ(o´∀`o)ノ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、本題の心療内科の通院についてです。
診察は12月5日月曜日。
診察はいつも通り、調子はどんな感じだったかということからスタート。

・今のところメンタル面でのアップダウンはそんなにない。ただ、少し忙しくなったり緊張を強いられたりすると、爆発しやすくなると思う。
・薬が効きすぎているのか、特に朝が眠い。朝の電車で座れたら乗換駅まで超爆睡。

といったことを伝えました。
そうしたら、薬が効きすぎているので減薬したほうがいいだろうというとのことで、本格的な減薬モードに突入することになりました。

…でもですね、私、主治医が「調子に合わせて薬の量を調節していいから」と言っていたので、様子を見ながら減らしていっていたんですけどね。
まあ、それは置いといて、本格的な減薬がスタートし、今はパキシル1錠とレキソタン1錠を交互に服薬しています。

おとといの夜⇒パキシル1錠
昨日の夜  ⇒レキソタン1錠
今夜     ⇒パキシル1錠
明日の夜  ⇒レキソタン1錠

っていう感じで。そうしたら朝の眠気がだいぶ良くなって快適に過ごせていますヽ(´∀`)ノ

話が少しそれました。今までの処方なのですが、

 パキシル⇒夜に2~3錠
 レキソタン⇒常に夜に1錠

という処方でした。
診察中、主治医は、「場合によっては2錠服用するときもあるから…」といったことをぶつぶつ言っていたので、私はてっきり、

 パキシル⇒1回2錠
 レキソタン⇒1回1錠

という処方になると思っていたんですよ。
まあ、今までの服用量を考えれば、こうなるのが自然な思考の流れだと思うんですよね。
こう思い込んでいたので、会計を済ませたときも特に細かく内容を確認しませんでした。
ただ、この時にきちんと処方箋の内容を確認すればよかったのですが、後の祭り。

この日は夜遅かったので調剤薬局はもちろんほぼ営業終了。
なので、次の日(6日火曜日)に調剤薬局へ行きました。
行く途中で改めて処方箋を眺めたのですが、処方の内容が

 パキシル⇒1回1錠
 レキソタン⇒1回2錠 

あれー??Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

この処方については薬剤師さんも少々疑問に思ったところがあったようで、薬剤師さんから主治医に確認の電話をしてもらうことにし、私は次の日(7日水曜日)に改めて薬を取りに行くことにしました。
そして、7日に薬を取りに行ったところ、薬剤師さんいわく、

 ・減薬をしているからこの処方で間違いない。
 ・後で本人に電話で連絡をする。

と、主治医が言っていたとのこと… ( ̄へ ̄|||) ウーム

実際に「減薬をする」ということは診察時に話していたので、前者の「減薬をしているからこの処方で間違いない。」はまだ許す。
そうは言っても、「この処方で間違いはない」は、若干疑問は残りますけどね ┐(´-`)┌
でも、後者の「後で本人に電話で連絡をする。」については、全く連絡なし。

全く連絡なし。これが決定打となりました。

主治医を見限ろう。

と。

実は、10月以降、少し主治医がおかしいと薄々感じていたんです。
夏に2か月ほどの空白期間をおいて、再び10月下旬から定期的な予約診察が再開されたのですが、

10月⇒主治医が激やせしていた。以前のような切れ味が感じられない。
11月⇒記事には書きませんでしたが、患者(=幸いにも私のみでしたが)の目の前でスタッフを叱責。
12月(今回)⇒処方についての理解がずれていて、かつ、連絡なし。しかも、主治医、しぼんだ風船状態だった。

特に11月の出来事は、見ていて非常に気分が悪いものでした。「あなた、それでも人さまの心のケアの専門家ですか?」って。
この叱責の仕方と断片的に聞こえてくる内容は、単なる八つ当たり、場合によってはハラスメントと言われてもおかしくないものでした。
この11月の出来事で私の中での疑問が生じ、調剤薬局で聞いた会話内容でさらに後押しされてしまいました。

主治医は非常に賢い人ですし、診察内容も的確だったと思います。
ただし、それは今年の夏までだったようです。
何があったのか私にはわかりませんが、主治医、何かにエネルギーを吸い取られていて、自分自身が本来やるべきこと(=患者を的確に診断し、それに合わせた治療を行う)に集中することができないメンタルに陥っているように見えました。
そういうメンタルになってしまっている状況には同情しますが、そんな人に自分自身を任せるほどの無謀さを、この私は持ち合わせていません。
幸いにも薬はある程度の量があるので、手持ちが無くなって、かつ、心理面の調子が悪いなと感じたら、改めて心療内科を探そうと考えています。

******************************
ランキングに参加しています。
応援していただけるとうれしいです。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました (*´∀`*)
にほんブログ村 その他日記ブログ アラフォー女性日記へ  
******************************
スポンサーサイト

プロフィール

luckykittycat

Author:luckykittycat
猫が好きで、猫を飼っています。オット氏は米国人。猫さまメインの日記です。
ブログ開始前は「猫好き」というハンドルネームを使用。ブログ開始前に交流させていただいていた方のところには、今でも「猫好き」でお邪魔しています。

*ランキング、参加しています*
ブログランキング・にほんブログ村へ



カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

【スポンサードリンク】

ご訪問ありがとうございます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキングに参加しています

検索フォーム

【スポンサードリンク】

 copyright © 2005-2006 ネコと一緒にゆるゆる日記 All Rights Reserved.
 Template Desain by bluenight.