HOME≫カテゴリー:おでかけ:海外
 
◆2016.08.07(日)◆
おでかけ:海外│posted at 07:00:00
こちらはかの地であげることができなかったネタです。

昨日はオット氏、アレルギー検査の採血を見事に耐えました。
結果は一週間後に分かる予定です。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

草原の中をひたすらマイクロバスで移動し、両家の顔合わせも済んだ30日の夜。
この日の夜はゲル宿泊。
次の日の31日は朝6時に起床。外に出てみたら、一面の霧(゚д゚)
IMAG0445.jpg

朝なので、霧の中でもぼちぼち写真は撮れまして。
こちらは私たちが泊まったゲル。
IMAG0443.jpg

よくよく周囲を見渡してみると、お馬さんが朝ごはんを食べてて。
IMAG0446.jpg
「びっくりさせちゃいかん」と思い、少し距離をとって撮影。

動画も撮ってみました。


足がつながれているのは、おそらく、逃走防止のため。
本人(?)、気にはなるのでしょうが、それ以上にお腹がすいているもよう。

少し離れたところには別のお馬さんたちも。
IMAG0448.jpg

8時ぐらいになると急に霧が晴れて見通しも良くなりました。
私たち、こういうところに泊まっていたようです( ̄▽ ̄;)
IMAG0454.jpg

宿泊者用のゲルも見えるし、
IMAG0453.jpg

多分、ここのゲルの従業員用(??)のゲル…?かな??
IMAG0450.jpg

羊さんも放牧されていて、
IMAG0464.jpg
ちょっとした草原生活気分を味わえたのでした。

8時半からは朝のお茶会。
IMAG0460.jpg
「お茶会」と聞いていましたが、朝ごはんタイムですね。
もちろん出てきたお茶は、モンゴルの塩味のミルクティー。
この時はこれ以上食べ物が出てくることはなく、なんとなくホッとしたのでしたww

******************************
ランキングに参加しています。
応援していただけるとうれしいです。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました (*´∀`*)
にほんブログ村 その他日記ブログへ  
******************************
◆2016.08.04(木)◆
おでかけ:海外│posted at 07:00:00

かの地での滞在中にアップすることができなかったネタです。
それにしても、日本、蒸し暑いですな。
今さらになって旅行疲れが出ております( ノД`)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

砂漠ツアーを堪能した次の日の7月30日。
この日は新郎Iくんの出身地に向けてひたすら移動。
ひたすら、草原の中をマイクロバスで移動しました(=゚ω゚)ノ

まず出発前に、新婦Cちゃんのご実家訪問。ここがCちゃんの実家のあるマンションです。
IMAG0291.jpg
すっげーきれいな建物だったっす。

近くからもういっちょ。
IMAG0292.jpg

ご挨拶を済ませ、御一行様、新郎Iくんの出身地に向かいます。
この日に判明したのですが、新郎Iくんの出身地はシリンホトではなく、シリンホトから200キロほど離れたところなんだとか。
…もよりの国内線の空港がシリンホト、ということですね。きっと( ̄▽ ̄;)

この日はとにかく草原の中の高速道路をひた走りました。
これはまだフフホトの近く。
IMAG0297.jpg

山エリアを過ぎると、草原が徐々に広がってきます。
IMAG0298.jpg

同じ草原とは言っても、フフホトから離れるにしたがって雰囲気が変わっていきます。
IMAG0351.jpg
Iくんが子どものころ、こんな草原でかくれんぼとかして遊んでいたそうな。
鬼になってしまったら、見つけられる自信がない…w

そして、高速道路沿いにときどき見えてくる集落。
IMAG0353.jpg

集落の入口に「○○村」という表示があります。
IMAG0393.jpg

草原の中をひた走っていると、時々、放牧されている牛さん、馬さん、羊さんにも出会えます。
IMAG0399.jpg

さらに時々見かけた、風力発電のプロペラ。
IMAG0361.jpg
この風土に合った発電方式。

こうやって何本も建っているのがかなりの頻度で見えました。
IMAG0406.jpg

草原の中をひた走ること約9時間。
やっと目的地であるIくんの出身地に到着。
IMAG0418.jpg
街の中に入って、少しほっとしたのはここだけの話("^ω^)

バスを降りて、まず向かったのはIくんち。ここで両家の親族が顔合わせ。
日本から来た組は、別のテーブルでいろいろごちそうになりました。
モンゴルのミルクティー。
バターが入っていて少々こってりめの塩味。
IMAG0423.jpg
日本で言う甘いミルクティーのつもりで飲むとびっくりしちゃいますw
このミルクティーにパンを浸したり、粟の炒ったものを入れたりして食べるとおいしい。
スープのつもりで飲むといい感じ。

ちなみにインスタントのミルクティーもお店では売られています。
なので、お土産に購入。
お世話になっている人に分配予定ですw

こちらはチーズ。とっても硬い。
IMAG0425.jpg
ミルクティーに入れて柔らかくなったのを食べるといいそうな。

お豆腐に見えますが、これもチーズ。
IMAG0426.jpg
柔らかそうに見えますが、実は硬いw

定番の茹で羊。そしてパン2種。
IMAG0424.jpg
なぜだかワタクシがお肉切り分け係に指名されてしまいましたw

この後は場所を移動し、さらに本格的な両家の顔合わせへ。
こちらが会場。
IMAG0427.jpg
当初の予定では次の日は草原に移動しての披露宴のはず…だったのですが、予想以上に人数が多くなってしまったために、予定を変更して次の日の披露宴は同じ会場で執り行われました。

テーブルに置いてあった取り皿一式。
IMAG0429.jpg

ミルクティー。
IMAG0430.jpg

料理が山のように出てくるのはデフォルト。
IMAG0437.jpg

今回初めて登場したのが丸ごと調理された羊さん。
わりと強烈なので、見たい方はこの後の追記をご覧くださいね。

この日の夜の宿泊は、なんとゲル。
観光客向けのゲルだったのでトイレもあったしシャワーも利用可能だったのですが…
うー、いろいろな意味でサバイバルでした。

あ、でも、ゲル泊まりは楽しかったですよん♪

******************************
ランキングに参加しています。
応援していただけるとうれしいです。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました (*´∀`*)
にほんブログ村 その他日記ブログへ  
******************************

◆2016.08.02(火)◆
おでかけ:海外│posted at 21:56:53
こちらは8月1日に「ネコと一緒にゆるゆる日記:別館」に掲載した記事の転載です。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ただいまで現地時間で13時ごろ。日本とは一時間の時差があります。北京の空港のフリーWifiにつなぎ、ポチポチと書いています。
次に中国へ、というより、おそらく海外旅行全般だと思うのですが、日本からWifi を持っていった方がいいですね。現地で調達しようとしても、予定通り入手できるかわからない。
通信費はかかるけど、思うようにネットにつなぐことができないストレスに比べたら、通信費は必要経費として組み込んだ方がいいかも。

VPN接続はできるようにして正解でした。オット氏、facebookを使いたかったらしいのですが、オット氏のパソコンはVPN の設定をしてなかったので使えず。きっと日本に戻ったら、鬼のようにfacebookに投稿していくことでしょうwww

明日はうちの猫さまを迎えにいきます。さー、どんな反応をするでしょうね~( ̄▽ ̄;)

******************************
ランキングに参加しています。
応援していただけるとうれしいです。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました (*´∀`*)
にほんブログ村 その他日記ブログへ  
******************************
◆2016.08.02(火)◆
おでかけ:海外│posted at 21:54:11
こちらは8月1日に「ネコと一緒にゆるゆる日記:別館」に掲載した記事の転載です。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

現在、シリンホト市内にいます。
今日、日本に帰国します。
8時25分の便で北京に出て、羽田到着は18時55分です。
北京でまたネットにつなげるかな?

内モンゴルネタはまだ少し残っていますので、帰国してからFC2よりアップしますね。

******************************
ランキングに参加しています。
応援していただけるとうれしいです。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました (*´∀`*)
にほんブログ村 その他日記ブログへ  
******************************
◆2016.08.02(火)◆
おでかけ:海外│posted at 21:49:15
こちらは7月31日に「ネコと一緒にゆるゆる日記:別館」に掲載した記事の転載です。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

少し時間があいてしまいましたが…。
後輩Cちゃんの披露宴が終わった次の日のフフホト滞在四日目。29日は砂漠のツアーに行ってきました。
行ってきたのは响沙湾というところ。
フフホトの市内から高速利用で3時間ほどのところにあります。

ちなみに移動はマイクロバスをレンタルして。
後輩Cちゃんの親族と日本から来た組を合わせて総勢30名近くのご一行様でした( ̄▽ ̄)

やはり都市部から離れると景色が変わりますね。緑が多くなってくる感じ。
IMAG0230.jpg

目的地に着きました…、が。
IMAG0232.jpg

まずはお昼ご飯。でも、食べ物写真は飽きたので一部だけ。
こちら、羊肉の塩茹で。なんでも、モンゴルの家庭料理なんだそうな。
IMAG0244.jpg

こちら、饅頭。
肉まんとかあんまんの中身無しバージョン。
IMAG0241.jpg
初めて炭水化物が出てきたよ…w

飲み物もありまして。
ビール。
IMAG0238.jpg

ソーダ(と言っていたw)
IMAG0239.jpg
日本だったらほぼ飲む機会はない味w

お茶…、なんだけど塩入り。
IMAG0240.jpg
なぜなら砂漠で暑いので塩分補給。

しっかりエネルギー補給したあとは砂漠ツアーへ。
このチケット、ここでのツアーの必要なものを全てカバー。
IMAG0251.jpg
上から、
・くつカバー
・ジープでの移動
・らくだ乗り
・モーターバイク乗り
・砂滑り
・滑車で滑っていくアトラクション →こんなの
・ショッピングモールにありそうなミニ機関車みたいなの。でも、実物はもっと大きかった。 →こんなの

ちなみにここの砂漠ツアー、お楽しみは全てパッケージになっています。
そりゃそうですね。フリーツアーにしたら遭難しますわ、まじで。

まずは砂漠に入る前に靴カバーを履きます。
IMAG0249.jpg
紐の色が違うのはご愛嬌。
細かいことは気にしない。ここは日本じゃないからw

このジープでアトラクションエリアに移動。
IMAG0253.jpg

ジープから見える砂漠。
IMAG0260.jpg

もういっちょ。
IMAG0267.jpg
うーん、砂漠みたいだ…www

次のアトラクションはらくだ乗り。
こーんならくだに乗りました。
IMAG0282.jpg

らくだに乗っている間は撮影禁止。
なぜなら、しっかりつかまっていないと落ちてしまい、誰かが落ちると全員落ちてしまうから。
らくださん、5頭ずつで一組になっているんです。
なので、オット氏が撮ったものを強奪w
20160729_152420.jpg
小さいですが、ワタクシ、写っていますよw

小さいですが、こちらにもワタクシ、写っていますよw
20160729_152611.jpg

らくだの次はモーターバイク。
IMAG0283.jpg
運転はもちろん係員のおにーさん。
おかげさまでワタクシ、キャーキャー楽しませていただきました♪

モーターバイクの次は砂滑りなのですが…。
IMAG0284.jpg
この高さから落ちて、じゃなくて、滑っていきます。

あと残りのアトラクションは残念ながら画像はなし。
ここまで来ると、暑さですっかりまいってしまいましてね。
でもさすがに砂漠です。全然湿気なし。
汗をかいても気がつかないうちに蒸発してしまうので、日本の夏の暑さより全然腹がたちません。
ただ、意識して水分補給しないとあっという間に熱中症になって倒れます。

そんな暑さの中、砂漠を堪能してきたのでした。

******************************
ランキングに参加しています。
応援していただけるとうれしいです。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました (*´∀`*)
にほんブログ村 その他日記ブログへ  
******************************

プロフィール

luckykittycat

Author:luckykittycat
猫が好きで、猫を飼っています。オット氏は米国人。猫さまメインの日記です。
ブログ開始前は「猫好き」というハンドルネームを使用。ブログ開始前に交流させていただいていた方のところには、今でも「猫好き」でお邪魔しています。

*ランキング、参加しています*
ブログランキング・にほんブログ村へ



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

【スポンサードリンク】

ご訪問ありがとうございます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキングに参加しています

検索フォーム

【スポンサードリンク】

 copyright © 2005-2006 ネコと一緒にゆるゆる日記 All Rights Reserved.
 Template Desain by bluenight.