HOME日記書籍『病的ギャンブラー救出マニュアル』
◆2015.05.11(月)◆
日記│posted at 07:00:00

ゴールデンウィークの連休最終日に、地元の図書館で本を何冊か借りてきました。
そのうちの一冊がこれ。
1431093568914.jpg

伊波真理雄(編著)(2007)『病的ギャンブラー救出マニュアル』PHP研究所

と言う本です。ちなみに価格は税別1200円なり。
12名の執筆者による著作で、うち2名は病的ギャンブラー本人とのこと。

この本では、「強迫的ギャンブル」「ギャンブル依存症」「病的賭博」を、「病的ギャンブル」で統一して使用しています。
この本では、

・病的ギャンブルの特徴
・病的ギャンブラーとなってしまう行動、思考パターン
・病的ギャンブラーの家族が病的ギャンブラー本人に対してとるべき態度

などなど、病的ギャンブルからの脱出のヒントが多く書かれています。

特に印象的だったのが、

絶対に借金の肩代わりをしてはいけない。
借金が発覚したときは「借金」の事実に呆然として家族は借金を肩代わりして返済しようとするが、肩代わりによって病的ギャンブラーはもっとお金を借りることができるようになる。
その結果、ギャンブルができるようになってしまい、病的ギャンブルが深刻化する。

ということと、離婚について述べているこの箇所でした。

~~~
しかし、パパは相変わらずギャンブルを続け、ママは暗い顔でため息をつきながら離婚せず、「あなたのためよ」といわれたら、子どもはどんな気持ちになるでしょう。今日も繰り広げられる諍いが、自分のせいでおきているのではないかと、子どもが誤解するかもしれません。
パパの怒りやママの悲しみ、借金の督促状まで、自分が原因なのではないかと気が気ではありません。自分がよい子になって解決せねばと、親の顔色を見たり、積極的に家事を手伝ったりするかもしれません。親たちに迷惑をかけないよう存在を消したり、逆に親の関心を引き付けて事態を変えようと問題行動に出るかもしれません。子どものために離婚しないのであれば、親の結婚生活の継続に子どもは責任を感じるでしょうから。
いずれにしろ、子どもは自分の成長どころではなくなります。しかし、子どもがどんなに努力を重ねても、親のギャンブルはとまりません。そもそも子どもの態度と親のギャンブルの間に、関連性はないのですから。しかしそれでもその結果、子どもは無力感や罪悪感を抱くようになるでしょう。
ギャンブラーに関わる大人たちが、離婚を望みつつも孤独や経済的不安、世間体など、決心を躊躇する理由はたくさんあります。「子どものため」も無論あるでしょう。しかし、離婚を思いとどまる理由に子どもを持ち出すことで、子ども自身の成長を損なうのであれば、いかがなものでしょう。
(pp.242-243)
~~~~

実はですね、この本を読んでいて、なんとも言えず複雑な気持ちになりました。
いずれそのうち気が向いたら私がブログを始めた理由を詳しく書こうかと思っていますが、私がブログを始めようかなと思った流れを作ってくれたのが、ギャンブル依存症の方のブログだったので…。

人間は誰しも何かに依存する傾向が、大なり小なりあると思います。
こういう私だって、実は依存症の兆候が無きにしもあらずです。
それが社会生活にマイナスの影響を与えているかいないかだけの違いです。

個人的には、気をつけたほうがいい目安のひとつとして、「依存行為をしてしまったことに対して言い訳する」があるように思います。
「○○だったけど、××だったから、ごにょごにょごにょ…
このような言い訳をする場合、結構気をつけたほうがいいんじゃないかな?と。

だって、心から楽しんでいたり必要な行為であれば、言い訳する必要はないでしょ?

なーんて書きつつ、日常では言い訳ばかりしているluckykittycatです。

***************************************
ランキングに参加しています。
応援していただけるとうれしいです。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました (*´∀`*)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へ にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ 
***************************************
スポンサーサイト

コメントを書く

* コメントを編集・削除する場合には、暗証番号の入力が必要です。
* 「秘密」にチェックを入れると管理者のみその内容を読めますが、編集・削除はできません。

:
:
:
:
:
:  削除や編集のときに必要です。
:  管理者にだけが読むことができるようにします。

コメント♪

プロフィール

luckykittycat

Author:luckykittycat
猫が好きで、猫を飼っています。オット氏は米国人。猫さまメインの日記です。
ブログ開始前は「猫好き」というハンドルネームを使用。ブログ開始前に交流させていただいていた方のところには、今でも「猫好き」でお邪魔しています。

*ランキング、参加しています*
ブログランキング・にほんブログ村へ



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

【スポンサードリンク】

ご訪問ありがとうございます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキングに参加しています

検索フォーム

【スポンサードリンク】

 copyright © 2005-2006 ネコと一緒にゆるゆる日記 All Rights Reserved.
 Template Desain by bluenight.